カテゴリ:京都花便り( 9 )

曙馬酔木

e0135246_15355462.jpg

■曙馬酔木(あけぼのあせび)
■ツツジ科アセビ属

淡紅色のアセビなんて初めて見ました。こんな色もあるんですねえ。
これまで白色のアセビしか見たことがなかったので、他の色があるなんて思いもしませんでした。
(2012/4/14、京都・嵐山の天龍寺にて)
by grass_cafe | 2012-05-05 15:45 | 京都桜便り | Comments(0)

里桜「白妙」

e0135246_8202956.jpg

■里桜「白妙」
■バラ科サクラ属

こんな里桜は初めて見ました。他にはない白さと質感、ふんわりした感じに、白無垢の花嫁衣裳の絹帽子(角隠しの一種)が思い浮かびました。
すると脇に、「白妙」と書かれた立て札があるじゃないですか。ぴったりなネーミング。この名前しかありえない。
やっぱり白絹を連想するんですね。
(2012/4/14撮影。京都・嵐山の天龍寺にて)
by grass_cafe | 2012-05-04 08:30 | 京都花便り | Comments(0)

木瓜「黒光」

e0135246_2285390.jpg

■木瓜「黒光(こっこう)」
■バラ科ボケ属の落葉低木

4月の半ばに行った京都の天龍寺(カテゴリ「京都桜便り」を見てね!)の庭で見かけた木瓜。
「黒光(こっこう)」と名づけられていました。
ビロードのような質感に見える深い真紅色。黒っぽい真紅なんです。こんな色の木瓜もあるんですね。
(2012/4/14日撮影。京都・嵐山の天龍寺にて)
by grass_cafe | 2012-05-03 22:16 | 京都花便り | Comments(0)

京都(6)天龍寺つづき

e0135246_2239982.jpg

庭の奥へ行くと築山というよりも一つの丘になっていて、大きな桜の木々の元に、シャクナゲや雪柳、レンギョウ、ボケ、ツツジ、ツバキ、桃などが花盛りでした!概ねバラ科とツツジ科が咲き誇っていました。
桜がまだ満開のうちに見ることが出来てよかったあ。

本当に素晴らしく美しかったです。溜息が出るほどすごかった。桃源郷とはこういう場所を言うのだろうなあ、と思いながら散策していました。
決して派手ではないのだけれど、花の種類や配色、配置から、百花繚乱という印象を受けました。なんというか幽玄な雰囲気なんですよ。幽玄という言葉がぴったり。
一応撮ってはみたものの、美しさと雰囲気を伝えれないのが残念です。私の腕では撮れないんですよねえ。
e0135246_22513428.jpg

こちらは左下隅に人が写っていますが、人物の大きさから桜の木の大きさがわかるかと思います。
(撮影日:2012/4/14)
by grass_cafe | 2012-05-01 23:05 | 京都花便り | Comments(0)

京都(5)天龍寺

e0135246_1339225.jpg
嵐山にある【天龍寺】。
ここは足利尊氏が後醍醐天皇の冥福を祈るために創建したのだとか。庭は夢窓疎石(1275-1351)による池泉回遊式庭園だそうです。
世界遺産に指定されているのですが、本当に素晴らしい庭でした。でも私の腕では上手く写せませんでした。
背後の山を借景として、庭と山が一体化とて見えるんです。この池は、春よりも紅葉のときがさぞ見事でしょうね。

↓奥の方へ行くと、見事な枝垂れ桜が。

More
by grass_cafe | 2012-04-30 21:50 | 京都花便り | Comments(0)

京都(4)青蓮院

e0135246_1074660.jpg

こちらの寺院も東山にあり、知恩院の近くにある【青蓮院(しょうれんいん)】です。天台宗三門跡寺院の一つ。その起源は平安時代の天台宗の開祖・最澄にまで遡るとか。
また、粟田御所とも呼ばれるそうです。由来は、江戸時代に御所が火災したとき、皇族に関わりのあるこの寺院が、仮御所となったからだそうです。

明治時代になるまで、門主はほとんど皇族か、五摂家(近衛、九条、一条、二条、鷹司)の子弟に限られていたのだそうです。
そのためか、他の寺院とは雰囲気が異なるような印象を受けました。一言でいえば「品がいい」という感じでした。

↓建物内めぐっていたら、ある部屋を向いて一本だけ枝垂桜が。その部屋に入ってみたら、周囲が御簾で囲まれていました。

More
by grass_cafe | 2012-04-25 10:35 | 京都花便り | Comments(0)

京都(3)円山の枝垂桜ほか

e0135246_17212525.jpg

知念院のすぐ近くにある円山公園は、お花見の人たちで大変賑わっていました。
公園前の道を通っていくと、他の桜の木とは別格という感じで、高く土を盛った場所に、一本の見事な枝垂桜の古木がありました。
桜が青空に映えて綺麗。背景に山があって、風情がありました。山が背景となる場所に植えたのではないかな。

↓来た道を戻って別のお寺へ行く途中、桜のカーペット!

More
by grass_cafe | 2012-04-24 17:22 | 京都花便り | Comments(0)

京都(2)知恩院つづき

e0135246_1502476.jpg

出発前の天気予報では、この日は雨ということだったけれど、青空が広がって絶好のお花見日和。
e0135246_1504041.jpg

国宝の「三門」。「威容を誇る」という表現がぴったり。厳つい迫力がありました。
(撮影日:2012/4/14)
by grass_cafe | 2012-04-22 15:10 | 京都花便り | Comments(0)

京都(1)知恩院

e0135246_10343219.jpg

13日から15日まで京都に行って来ました。と言っても、観光できたのは中一日だけでしたが・・・。
東山にある【知恩院】。ここは法然がはじめて布教し、入滅した地なのだそうです。

京都の桜はもう終わっただろうと思っていたのです。場所によってはだいぶ散っていたけれど、ほとんどがまだ満開といえる状態でした。
あと数日遅かったらもう咲き終わっていただろうから、花見にギリギリ間に合いました!
ちなみに仙台では桜はまだです。場所によっては咲き始めてますが、見頃になるのは今週末かな。

境内に足を踏み入れてみると・・・
e0135246_10404848.jpg

古木の桜が目に飛び込んで来ました!
桜も禅寺らしい佇まい。背景と相俟って雰囲気がありますね。
by grass_cafe | 2012-04-19 10:54 | 京都花便り | Comments(0)