シンプルなカボチャ・サラダ

e0135246_14335664.jpg

玉ネギとヴィネガー、あとは塩コショウと、シンプルに味付けしたカボチャ・サラダ。盛りつけもシンプル、写真もシンプル・・・。シンプル過ぎ?
カボチャ・サラダの困るところは、カボチャの出来に左右されるところ。甘みがあってホクホクしたカボチャに当たらればいいのだけれど、そうでないとイマイチな味になってしまうんですよねえ。カボチャは、ベチャッとした感じのないものを選びましょう。

ちなみにオクラは塩茹でしたもの。トマトと一緒に、岩塩をパラリとふっていただきます。コリッとしていて甘みがあり、オクラ本来の味がよくわかるんです。

[材料](二人前)
  • カボチャ・・・300グラムほど
  • 玉ネギのみじん切り ・・・大さじ2
  • 白ワインヴィネガー(シャンパンヴィネガーを使用) ・・・大さじ1と2分の1
  • 塩(岩塩を使用)、ブラックペッパー ・・・各少々

    [作り方]
  • カボチャは種とワタを取り除き、4センチ角を目安にカットして皮を剥きます。緑色の部分は丁寧に剥き取って。
  • 厚手の鍋(片手鍋でいいです)にお湯を沸かし、塩ひとつまみを加え、カボチャを茹でます。竹串がスッと通るようになったら、お湯を捨てて空炒りし、水分を飛ばして。
  • 火を止め、玉ネギのみじん切り、ヴィネガー、塩、ブラックペッパーを加えます。木ベラ(またはスプーン。マッシャーはお勧めしません。要は押し潰してベチャッとさせない)で突き刺すようにしてカボチャを崩しながら混ぜます。崩し加減は食感が少し残るぐらい。
  • 弱火にして、焦げ付かないよう4、5分ほど混ぜながら火を通し、味をなじませます。ある程度酸味が飛び、すっぱさが気にならなくなれば(甘みを感じれば)出来上がり。すかさず器に取り分けていただきます。

    注意したいのは、作ってから時間をおかないことと、冷蔵庫で冷やさないこと。玉ネギの苦味と、ヴィネガーの酸味が気になってしまうのです。

    ↓ランキング参加中。このレシピが参考になったらクリックよろしく!

  • by grass_cafe | 2009-09-01 14:53 | 野菜 | Comments(0)