ゲンノショウコの花

e0135246_1027436.jpg

■ゲンノショウコの花
■フウロソウ科フウロソウ属の多年草。

この可愛らしい花は、民間生薬として知られるゲンノショウコの花なんですよ。こんな可愛い花が咲くんです。
30、40cmほど伸びた茎に、1cmほどの大きさの花が咲きます。花期は8月下旬から9月中旬にかけて。
写真では花びらが白く写っていますが、実際にはかすかに紫色がかっています。遠めには白く見えるけど。
e0135246_1028658.jpg

写真は2枚とも数年前のものです。広瀬川に自生していたのですが、ここ数年にかけて川原が整地され、いまではほとんど消えしまいました。
Commented by ちーやん at 2010-09-19 04:19 x
ステキな色の花ですが、ゲンノショウコなんですね!
名前は良く聞くのに残念ながら何に効くのか思い出せません・・・。
目で楽しめて体にも良い野草が消えていくのは寂しいですね
私はうさぎを子供の頃も今も飼っているのですが、子供の頃はおおばこやタンポポはこべらなど幾らでも生えていて食べさせる事が出来たのですが、今はスーパーのにんじんやキャベツ、せいぜい家庭菜園のパセリしか上げられなくなってしまいました。
空き地にいろんな草や花が生えているのがなつかしいなぁなんて思ってしまいます。
Commented by grass_cafe at 2010-09-25 22:18
★ちーやんさん
お返事遅くなってごめんなさい!
ゲンノショウコは葉や茎を乾燥したのを煎じて飲むのです。下痢や便秘の改善に効用があるといいます。私の母は便秘解消のために飲んでました。

昔は、空き地にはいろんな草花が生えてましたよね。いまは空き地といえど砂利を敷いたりしてますね。
川べりは整備されて、元から自生していた草花はなくなったしまいました。ヘビイチゴもなっていたんだけど、いまはなくなってしまったんです。整地されて、鳥たちもいなくなってしまいました。
整地されて、見た目はきれいな場所になったんだけど、なんだかなーって感じ。私は、豊かな自然とは、多様な動植物が共存できることだと思うのだけれど。
by grass_cafe | 2010-09-16 10:34 | flower | Comments(2)