バルセロナ(13)カタルーニャ美術館

e0135246_11152166.jpg

モンジュイックの丘にはオリンピック・スタジアムやスペイン村、博物館・美術館などの文化施設が散在していて、その一つに国立【カタルーニャ美術館】があります。

ここはロマネスク、ゴシック、ルネサンス、現代美術を収蔵。なかでもロマネスクの分野では、世界有数のコレクションを誇るのだそうです。
バルセロナで絶対に観たいと思っていたのが、ここのカタルーニャ・ロマネスクだったんです。写真で見ただけですが、東方と北方とカタルーニャの文化が混ざり合ったような様式は、一見の価値があると思います。
なのに、2011年の夏まで改装中だとか!ロマネスクはまったく観れませんでした。しくしく。ゴシック美術は観たけど、やはり見所はロマネスク・コレクションです。

↓カタルーニャ美術館の全景




e0135246_1115838.jpg
この建物は、1929年の万国博覧会の際に造られたのたそうです。1934年に改築されて美術館になったとか。
これが20世紀に建てられたとはねえ。それ以前の他国の万国博覧会の建物と比べると、バルセロナは19世紀の価値観をひきずっていたとしか思えないんですよね。

画面中央の段差は噴水になっていて、これがずーっと続いていて、そのまま大通りになっていました。スペイン広場に突き当たります。

e0135246_11441354.jpg
夕方、ホテル近くのバルで軽く腹ごしらえ。

左上から。このデカイのはポテトコロッケ。デカすぎ。
右上は、エスカルゴをブラバスソース(だと思う。材料はトマト、オリーブオイル、タバスコまたはチリパウダー、シェリーヴィネガーまたはワインヴィネガー、塩。ちょっとだけピリッとしたソースです)で軽く煮込んだもの。
下はマッシュルームのアヒージョ(ガーリックオイル煮。煮るというより、炒めたという感じ)。作り方はこちら
この他には、小魚(ワカサギみたいな感じ)のフリッターを注文。量は多いけど、身が水っぽくてイマイチでした。

料理は、どちらかというと素朴で家庭的な感じ。フリッター以外はおいしかったです。ただ量が多かった。
店員おすすめの赤ワインは、これらの料理に合っていて、文句なくよかったです。
by grass_cafe | 2010-12-30 12:14 | バルセロナ | Comments(0)