今年の金柑の甘露煮はふっくら!

e0135246_17184725.jpg
今年も金柑の甘露煮を作りました。
本当は、空気が乾燥してノドを痛めやすい12月や1月に作ればいいのだけれど、その時分はなんだか作る気になれなくて。いまごろになると作りたくなるんですよねえ、なぜか。

去年はしわしわになったけど、今年はふっくらと仕上がりました!年々進歩してる♪
カンペキじゃない?
作り方は去年とほぼ同じですが、若干改正しています。

[材料]
●金柑 ・・・1パック(12個)
●ジン(またはウォッカ、焼酎、ホワイトリカー) ・・・金柑がヒタヒタになる量(300mlぐらい)
●グラニュー糖 ・・・金柑の量の50%
●オレンジキュラソー(なくても可) ・・・大さじ2分の1

[作り方]
●ボウルにたっぷりの水を入れ、金柑を一晩漬けて苦味を抜きます。
●保存容器を煮沸消毒して乾かしておきます。
●金柑の水気を拭き取り、縦に2、3箇所切れ目を入れます(皮が切れればいいです)。金柑を計量してグラニュー糖を準備。
●ホウロウ鍋にキンカン、グラニュー糖、ジンを入れます。煮立ってきたら弱火にして、20分ほど煮込みます。木ベラで時々混ぜながら、アクを取り除きましょう。
●20分経ったらオレンジキュラソーを加え、ひと煮立ちさせます。
●すかさず保存容器に詰め、フタをしめて自然に冷まします(冷めるまでフタを開けないこと)。完全に冷めたら冷蔵庫に一晩おいて味をなじませます。冷蔵庫で保存して一ヶ月はもちます。

今回作って思ったのは、ふっくら仕上げるコツはおそらく、出来上がったらすぐ保存容器に詰めてすかさずフタを閉め、室温で完全に冷めるまでフタを開けないこと!だと思います。
by grass_cafe | 2011-02-11 17:35 | Comments(0)