マンダリン・オリエンタル・バンコク

カフェ開業日記を書く予定でしたが、多忙中なので当分書けそうにありません。今月は無理そう。
代わりといってはなんですが、昨年行ったバンコクの「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の写真をアップ。近くまで行ったから、せっかくの機会なので寄ったんです。
e0135246_2336813.jpg
マンダリン・オリエンタル・バンコクは旧称を「ザ・オリオンタル・バンコク」といい、1887年にバンコク初の西洋風ホテルとして開業。アジアを代表する高級ホテルであり、作家のサマセット・モームやジョゼフ・コンラッドなど著名人が滞在したそうです。
1974年にマンダリン・オリエンタルホテルグループの傘下となるも、2008年9月まで『ザ・オリオンタル・バンコク』として営業。その後現在のホテル名に改称。
e0135246_12103172.jpg
コロニアルスタイルのティールームは「オーサーズ・ラウンジ」と呼ばれていて、ティータイムは14時30分から17時までとのこと。予約はしたほうがいいです。
本当はラウンジでお茶したかったけれど、アフタヌーン・ティーセットしかやっていないとのこと。夜に友達と食事をする約束なので、そんなに食べることはできないため断念しました。残念。



e0135246_233732.jpg
代わりにロビーでお茶をいただきました。ロビーだけど、さすが歴史ある高級ホテルという感じの雰囲気がありますね。
e0135246_23382617.jpg
ケーキもいただきました。私はティラミス、写真がないけど相方はキャラメルケーキ。タイにしては甘さが控えめでした(それでも個人的には甘かった)。
e0135246_23374095.jpg
紅茶は、私はリプトンの「プリンス・オブ・ウェールズ」で。初めて飲みました。ポットにはたっぷり二杯分入っていました。
キームンとアッサムなどをブレンドしているというけれども、私にはどうしてもキームンには思えませんでした。あとで海外のサイトを見たら、キームンではなく雲南紅茶になっているんだけど・・・。
肝心の味はというと、茶葉は良さそうなんだけど味がぼけている・・・。これはタイで紅茶をいただくとよくあります。おそらく淹れ方云々以前に、水に問題があるのではないのかぁと思うんだけど。
ともあれ素敵な空間(ロビーであっても)でお茶できて良かった。写ってないけどイスやテーブルは凝った造作で、まさにアンティークなんですよ。

にほんブログ村ハーブティー・紅茶
by grass_cafe | 2015-03-08 23:39 | ティールーム/カフェ | Comments(0)