サイアム・セラドン・ティーハウス

e0135246_97968.jpg
こちらはタイ・チェンマイでお気に入りのティーハウス。「サイアム・セラドン・ティーハウス」、正式名称「ラミン・ティーハウス」です。ガイドブックには必ず載っています。写真は全て去年のもの。
e0135246_972958.jpg
旧市街と新市街のほぼ魔なんかに位置するターペー門から近く、ターペー通り沿いに歩いて約10分。他とは異なる外観なのですぐわかります。
チーク材を使った二階建ての白い瀟洒な木造洋館は、1915年に建てられたラーンナー・コロニアルスタイルを修復したもの。
こちらはサイアム・セラドンの直販店でもあり、入り口側が展示販売スペース、奥がティールーム、さらに億はバックガーデンになっていてテラス席があります。ただし虫除けスプレーは必須。
セラドン焼きはタイの伝統的な陶器ですが、そのなかでも有名なのがサイアム・セラドン。名の通ったホテルでも使われているのですが、いまはどうなんでしょうかね。昔の物に比べるとクオリティーが・・・。
e0135246_991140.jpg
外観同様に内部も瀟洒な雰囲気で、ちょっとガーリー。窓枠の上や天井に取り付けられたカービング(透かし彫り)が素敵でよね。暗く写ってしまいましたが、本来は↓の写真のように明るいです。
欧米人の女性はもとより、男性もよく利用しているんですよ。



e0135246_995489.jpg
おすすめは「カオニャオ・マムァン」。タイではポピュラーなデザートで、もち米とマンゴーにココナッツミルクをかけていただくんです。こちらではシトラスで風味づけしているのか爽やかな甘さ。もち米というと大概の日本人は「おはぎ」のようなものを連想するようですが、まったく違います。
よくあるデザートなのですが、マンゴーが青臭かったり、味付けがべったりと甘かったりと、これまでおいしいと思ったことはなかったんです。でも、このお店のはおいしい。
e0135246_1645940.jpg

ここのワッフルも好きです。食べていないけれどケーキもあります。
ティーはかなりの種類があり、オーガニックの紅茶やハーブティーもありました。自家農園で栽培しているようです。食器はすべてサイアム・セラドン。
ランチもあるのですが、私はあまりおすすめしないですね。悪くはないのだけれども、この値段でこの量と味だったら、他にいいお店ありますもん。ただ、開放的な空間でゆったりしたいとなれば、近辺ではこのお店ぐらいでしょう。
e0135246_964015.jpg
こちらは別のとき。紅茶の銘柄は忘れましたがオリジナル・ブレンド。ティーセットはサイアム・セラドンなのですが、これが重い。特にポットは中身が入っているので、すごく重かった!重すぎです。しかも液だれするし(こぼしてしまいました)。
肝心の紅茶ですが、悪いわけではないんだけれど、紅茶にこだわりのある人は満足できるかな。茶葉はいいものみたい、でも香りはしなかったです。それよりも、タイではよくあるようにぼやけているような・・・。やっぱり水なのかなぁ。

手放しで褒めていないけれど、気に入っているんです!なんといっても交通が激しく暑い外とは別世界なので、快適に過ごせるんです。
料金は日本並なのでタイとしては高めですが、ホテルは別として、デサードがおいしくて静かで快適な場所は少ないので貴重なティーハウスです。

にほんブログ村ハーブティー・紅茶
by grass_cafe | 2015-03-19 09:17 | ティールーム/カフェ | Comments(0)