ルフナとキャロットケーキ

e0135246_16233822.jpg

ようやく飲みかけの茶葉を消費したので、今回はルフナをお取り寄せしてみました。
ルフナはスリランカ南部のロー・グロウン・ティー(山岳地帯でも低い標高にある栽培地)。キームンにも似たスモーキーさがありますね。
水色は濃いのですが、見ためほどスモーキーでも渋くもないんですよ。キームンよりもずっと飲みやすいです。ブラックティーでもいいけれど、ミルクティーのほうがいいと思います。チャイにしてもいいそうなので、作ってみたくて選んだ茶葉なのです。

仙台市中心部、名掛丁アーケード街にある【GONTRAN CHERRIER(ゴントラン・シュリエ)】でパンを買ったんだけれど、スパイスを使ったキャロットケーキがあったので購入。
オーソドックスなキャロットケーキはすりおろしたニンジンをたっぷり使っているのですが、こちらのケーキはピールのような程度に細切りされたニンジンが入ってました。レーズンとナッツも入ってました。
スパイスはジンジャーが効きすぎて、なんだか漢方薬みたいな感じ。乾燥させたジンジャーを使っているのではないかな。

実は、スパイス入りのキャロットケーキをメニューに入れようと考えているんです。まだ試作してないけど。ケーキの味の分析と、自分ならどう作るか、ということに気を取られて、ルフナの味や香りまで気が回らなかった(未熟者)。

にほんブログ村ハーブティー・紅茶
by grass_cafe | 2015-04-30 17:01 | ティー/ハーブティー | Comments(0)