ティーカップの花束

e0135246_11102972.jpg

今日は秋のお彼岸の入りですね。
そう思うからか、風がどことなく秋めいて感じられるような。樹々の葉は、少し黄色っぽくなってきました。
紅茶を啜りながら、ふと、秋のイギリスの庭や森はどんなふうなのだろうと思ってみたり。

カップ&ソーサーは、イギリスのロイヤルクラウンダービー社『ポジー』です。
ポジーとは「香りの花束」という意味で、フランス語ではブーケとなります。
古代〜中世ヨーロッパでは、花やハーブの香りは疫病や災厄、悪魔から身を守ってくれると信じられていました。しかし植物なら何でもいいのではなく、一つ一つの植物の謂れや、薬用性を熟知していたのです。
時代が下り、ウェディングブーケとして、世界的に広く親しまれるようになりました。

にほんブログ村ハーブティー・紅茶

by grass_cafe | 2017-09-20 11:26 | お茶のある風景 | Comments(0)